he is watching telephone

新しい仲間のために

woman use mobile and laughing

映像制作を依頼する目的は企業によって様々ですが、最近特に需要が高まっているのが、新しい社員の採用時に使う映像です。
企業にとって、新しい人材の確保は非常に重要な項目です。それにもかかわらず、最近の新入社員はほどなくして辞めてしまうことが多いです。
これは最近の若者が悪いというよりは、会社説明会や面接の際に会社の空気をうまく伝えられていないことによって生じるギャップが原因です。期待に胸を膨らませて入社したものの、思っていた雰囲気と違う場合はすぐにやめてしまう可能性があります。
だからこそ、入社前にありのままの情報を伝えることができる映像コンテンツが重要になってきます。

映像であれば、言葉では伝えることのできない現場の空気や、社員の雰囲気も伝えることができます。
映像によって会社の情報を伝えることができれば、入社前により正確なマッチングが行えますので、採用においての無駄を大幅にカットできるでしょう。
この映像に関しても、自分たちで作成するのは手間になりますので、プロの映像制作に依頼しましょう。会社としてどういった面を紹介したい科だけを伝えれば、後は向こうでいい感じの映像を仕上げてくれますので、気楽に依頼しましょう。

採用活動における映像コンテンツは、会社とのマッチングができるだけでなく、既存の社員に忘れていた気持ちを思い出させることもできます。
映像を見るたびに初々しい気持ちになれますし、新入社員にとっても目指すべき人物像がわかりやすくなりますので、非常に有効な手段だといえます。採用活動の失敗が続いている企業は、映像制作の会社に相談してみてはいかがでしょうか。